導入事例

遊戯・娯楽施設

店舗コンセプトにマッチした高品質のサービスが可能に

DiCE 赤羽店様

東京・神奈川を中心に14店舗(2017年1月現在)を展開する、マンガ喫茶・インターネットカフェDiCE様。お店に入ると、ブラウンを基調とした落ち着いた受付が迎えてくれます。広々とした各ブース内もブラックですっきりと統一され、快適な時間を提供しています。

これまでDiCE様では、ドリンク・フードコーナーに、自販機に装備可能な冷温水給水機と電気ポットを設置されていました。しかし、自販機は給水ボタンが分かりにくく、お客様からたびたび「給水場はどこにあるのか」と問い合わせを受けることがありました。

電気ポットは、異物混入の心配や、お湯がなくなるごとに水を補充したりポットを入れ替えたりする手間がかかります。また、お湯が切れたことに気付きにくく、お客様から「お湯がない」と指摘を受けることもあるなど、運営上の課題がありました。

そこで導入したのが、TERAOKAの純水給水機ECOA-OFFICEⅡ(給排水直結タイプ)です。一目で給水機と判るデザインは、シンプルでオシャレな店内の雰囲気にもマッチ。インスタントラーメンのように高温のお湯をたっぷり必要とする場合も、お湯の温度や残量を気にすることなく、安心して給湯することができます。何より異物混入の恐れがなく、管理運営も格段に楽になったといいます。

また、室内が乾燥しがちなため、味のついたジュースやお茶だけでなく、「水を飲みたい」というニーズもあるという同店。ECOA-OFFICEⅡによって、安心でおいしい水を提供することもできるようになりました。

通常3名のスタッフで運営しているという同店ですが、少ない人数でも店舗コンセプトの高級感にマッチしたサービスが可能となり、お客様からも高評価を得ています。